よくある質問

Q. なかなか良い物件が見つからない。どうしたらいい?

一度、ご相談下さい。

ご希望の物件が見つからない、よくご相談頂くお話です。

そのような場合は再度ご希望条件を見つめ直してみては如何でしょうか?
沿線や地域、価格帯など少し条件を緩めてあげるだけで、物件の量が随分とかわってきます。

Q. 買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

担当営業に、買い替えにあたってのイメージを具体的に、ご遠慮なくお申し付け下さい。

買い替えにあたっては、色々な疑問・ご不安が浮かばれると思います。先に購入をするのか、それとも売却が先か。
既存の住宅ローンを残したまま、新居の為の住宅ローンを組めるのかなど。

お客様の買い替えにあたってのイメージを担当営業に具体的にお伝え頂く事が、上手く買い替えを進める為の最大のコツだと思います。

Q. 何件くらい物件を見て購入する人が多いの?

個人差がありますが10件前後の方が多いです。

お住まい探しを始められてから、実際に購入されるに至るまでの物件見学の数は、お客様によって異なりますので何件という正解は存在しません。

ただ、金額・場所などのご条件が具体的に定まっていらっしゃるお客様は、比較的見学される数は少ないように感じます。
見学に際しては、お客様がご納得頂けるまでとことんお付き合いさせて頂きますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

Q. 取扱いが多い物件の特徴や価格帯を教えて

当社では自社で土地を仕入れ、デザイナーズハウスの企画・自社分譲を数多く手掛けています。

他社仲介業者さんでは取り扱いの出来ない、未公開物件なども多数ございますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯は4000万円台から8000万円台まで幅広く手掛けておりますが、現場によって詳細が異なりますので、ご条件をお聞かせ下さい。

Q. 新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

メンテナンスに係る費用、保証の有無なども含めて総合的に判断しましょう。

新築と中古では各々メリット・デメリットが存在します。

例えば、メリットとしては一般的には中古の方が同じ金額で検討した場合、土地や建物の大きさが確保できる、駅までの距離が近いなど。
デメリットとしては新築には10年保証が付保されていますが、中古(個人が売主)の場合は保証が付保されていないなど。

物件ごとに担当者に確認される事をお勧めします。

Q. 同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?

もちろん何社にお声掛け頂くかはお客様の自由です。

不動産会社によっては、その会社でしか扱っていない物件もあります。もちろん何社にお声掛け頂くかはお客様の自由です。

一般的には、レインズと呼ばれる物件登録機関の情報を会員不動産会社が閲覧し、お客様にご紹介をしております。
しかし、不動産会社によってはその会社のみで扱っている売主物件や、専任物件というものもあります。数社お声掛け頂いく事で、その様な物件に巡り合えるかもしれません。

Q. 資料請求をすると、どんな資料がもらえるの?

間取りや区画図、案内図など具体的な資料をご提供させて頂きます。

資料請求を頂くと、Eメールや郵送などお客様のご要望された手段で資料を送信させて頂きます。間取りや区画図、案内図など具体的な資料をご提供させて頂きます。また、遠方の方で実際に現地を見学させるのが困難な場合、ご要望があれば周辺の環境写真などもご提供致しますので、お気軽にお申し付け下さい。

Q. 物件選びの条件が定まらない。何から決めるといい?

まずはご家族にとって何が大事なポイントかを整理しましょう。

例えば、小学校に通うお子様のいらっしゃるご家庭では学区を優先したい、車を2台ご所有のご家庭では駐車場2台が必須条件だったりと各ご家庭で必須条件は異なります。
やみくもに物件をご覧になられてもなかなか条件が定まるものではありませんので、ご自身のご家族の場合、何が優先条件なのかを整理整頓してみるとスムーズに物件探しが出来るかと思います。

Q. 日中、仕事で連絡が取れません。どうすればいい?

ご都合の良い連絡方法と時間帯をお伝え下さい。

ご夫婦共働きの方など、日中は自宅・携帯電話など連絡が取りづらい場合は、お客様のご都合の良い連絡方法と時間帯をお伝え下さい。
Eメールでの連絡がご希望だったり、夜○時以降に電話連絡がご希望など、担当者にお伝え頂ければ対応させて頂きます。

Q. 頭金ってどのくらい必要?

お客様の状況により異なりますので、お気軽にご相談下さい。

一般的には頭金は2割程度用意するのが望ましいと言われております。
しかしながら、お客様の状況により異なりますが、当社提携の都市銀行の住宅ローンで物件金額の100%融資も可能ですので、担当者にお気軽にご相談下さい。