assurance_text

株式会社マルジェは平成21年10月1日より施行の法改正にともない、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人(株)住宅あんしん保証に加入しました。従来以上に地盤から建物までをトータル的に保証することで、お客様の安心を増やします。

建物の保証
建築中の保証
地盤の保証

建物の保証

[あんしん住宅瑕疵保険]

あんしん住宅瑕疵保険は、瑕疵担保責任を確実に履行するための資力を保険で確保し、お客様の住まいをお守りするものです。住宅の引渡時から10年間保証されます。
※法律では「建設工事の完了日から起算して1年」の住宅を義務化としていますが、住宅あんしん保証では建設工事完了日から2年以内に引渡された住宅も保険が適応できます。

特徴1

建物引渡時から10年間保証

構造耐力上、主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に関して10年間の瑕疵担保責任がサポートします。
※補修費用等の保険金の支払い対象になるのは構造耐力上主要な部分と雨水の浸水を防止する部分です。

保険の対象となる基本構造部分

特徴2

充実の保証内容

万が一、瑕疵が発生した場合は、修補費用・仮住居費用・転居費用・損害調査費用・求償権保全費用などが支払われます。それぞれに限度額が設けられています。

特徴3

途中で売却しても保証は継続

住宅あんしん保証の保険付保証書が交付された住宅は、住み替えなどの理由で売却された物件であっても、期間内であれば保証が継続されます。
※手続きが必要です。

特徴4

住宅瑕疵担保責任保険のみ適用の紛争処理

当社とお客様の間で請負契約又は売買契約に関する紛争が生じた場合、お客様は無料で住宅紛争処理支援センターへ相談ができます。さらに全国の指定住宅紛争処理機関を利用して調停などの手続きをおこなえます。

建築中の保証

[完成保証制度] ※別途費用がかかります。詳しくは営業担当者にお尋ね下さい。

施主様保護を目的に、住宅あんしん保証の所定の財務審査をクリアした建築会社及び工務店のみが利用できる制度です。建築会社の資力低下、倒産等で工事が続行できなくなった場合、施主様のマイホーム完成引渡まで保証します。

特徴1

建物完成を保証

万が一、瑕疵が発生した場合は、修補費用・仮住居費用・転居費用・損害調査費用・求償権保全費用などが支払われます。それぞれに限度額が設けられています。

特徴2

総工費は当初の金額

住宅あんしん保証の保険付保証書が交付された住宅は、住み替えなどの理由で売却された物件であっても、期間内であれば保証が継続されます。
※手続きが必要です。

特徴3

高い基準で選ばれた建築会社

当社とお客様の間で請負契約又は売買契約に関する紛争が生じた場合、お客様は無料で住宅紛争処理支援センターへ相談ができます。さらに全国の指定住宅紛争処理機関を利用して調停などの手続きをおこなえます。

特徴4

安心の保証会社と保証金額

保証の引受保険会社は「三井住友海上火災保険株式会社」ですので、保険金の不足等といった心配を緩和。保証金額の上限は1,100万円、または請負金額×30%のいずれか低い方となります。

保証例のご紹介

地盤の保証

[地盤調査・保証]

地盤ネット株式会社と連帯して保証します。初期補償として最高20年間、5,000万円まで対応。定期点検を受けることで、10年毎の補償更新が可能です。地盤解析技術ならびに業務品質の高さを証明するために、品質証明書の発行を行っています。

特徴1

地盤ロングライフ補償

長期の補償と、プロによる充実の点検プログラムが、生涯安心できる住宅地盤を実現します。判定日から始まる付帯期間と、引渡し日より数えて最高20年間の初期補償。
以後、10年毎の定期点検・更新(有料)により、補償を生涯に亘り更新し続けることができます。 経年により変化する地盤リスクを定期的に見直すことにより、最適な対策を講じることが出来ます。

地盤保証の流れ

特徴2

地盤品質証明

国内大手損害保険会社の引き受けによる安心の地盤品質証明です。
1物件ごとに大手損害保険会社より付保証明書を発行することができます。
※付保証明書の発行には事前のお申し込みが必要です。

特徴3

安心の保険手配自己対応

事業活動において直面する様々なリスクを、定期的に評価・分析し、各種リスクファイナンス手法(保険手配等)を活用することにより、これらを最小限に抑えるよう勤めております。

特徴4

社団法人との業務提携

一般社団法人 地盤安心住宅整備支援機構との業務提携により、地盤解析業務の体制および、万一の事故の際の対応力を強化しております。