ffchousing_text

家族が毎日過ごす家。キレイに掃除しているつもりでも、身体に悪影響を及ぼす様々なホコリや微生物などが残ってしまっています。また、建築時などに使用される化学物質など、家の中にはシックハウス症候群やアレルギーを引き起こす要因が数多く存在しています。
マルジェでは、大切な家族の健康を守り、過ごしやすい邸内環境を創りあげるために「FFCテクノロジー」を採用しています。

FFCとは、「水溶性二量体鉄塩」という水に溶ける特殊な2種類の鉄ミネラルであるフェラス・フェリック・クロライドの略で、このFFCを建材などの組織内の水分に含浸(浸透)させる技術を「FFCテクノロジー」といいます。
FFCは物質の変化を「腐敗・分解」の方向から、「蘇生・合成」の方向に切り替える作用を持つとされており、生物の機能を高める水と言われています。
「鉄分」は、植物の光合成に必要なクロロフィルを活性させる成分ですが、実はこのFFCテクノロジー、2005年に開催された愛・地球博でも活用されていました。
会場のセンターゾーンに設置された世界最大級の緑化壁。「垂直の壁」というとても厳しい条件にもかかわらず食物は元気に育っていましたが、これはFFCテクノロジーのおかげだったのです。FFC処理された水「バイオミスト」が、定期的に壁に噴霧され、食物を活性化していたんですね。この技術は、地球博のオフィシャル技術として注目を浴びました。

ffchousing_text2

効果1 マイナスイオン増大

マイナスイオンの発生が活発になり、居室内の空気環境が改善されます。マイナスイオンがプラスイオンに帯電した化学物質や悪臭を中和させ、臭いが消えると同時に、花粉・カビ・ダニなどが床に落ち、掃除をすることで取り除けます。また、マイナスイオンがアトピーなども優しく包み込み、乾燥を緩和します。

効果2 遠赤外線放射率の上昇

FFC免疫加工された建材は、ヒトが影響を受ける10ミクロン前後の波長で遠赤外線を安定放射させることができ、冬暖かく、夏はさわやかな住空間を体感することができます。

効果3 カビの増殖抑制

FFC活用クロスにおいて、乳酸桿菌類などの有益な善玉菌は増殖し、悪玉菌であるMRSA(院内感染菌)の増殖を抑制させることが実験により確認されました。善玉常在菌も悪玉菌も、すべての微生物を殺してしまう化学的抗菌材と違って、身体にも優しいことがわかります。

効果4 皮膚細胞の活性化

実験により、FFC免疫加工を施した木片の廻りではヒトの角質細胞の分化促進や色素芽細胞の増殖が確認されました。 つまり、FFC免疫加工の素材に囲まれていると皮膚の細胞が活性化される可能性が考えられます。

ffchousing_text3

教育施設

ありた幼稚園(福岡県福岡市)
たぐま幼稚園(福岡県福岡市)
ひなぎく保育園(福岡県福岡市)
おおば保育園(福岡県福岡市)
寺岡保育園(宮城県仙台市)
西日本鉄道保育園(福岡県)
だてようちえん(北海道伊達市)

医療施設

東京大学医科付属病院(東京都)
国立がんセンター(東京都中央区)
東京北社会保険病院(東京都)
北原脳神経外科(神奈川県横浜市)
民医連中央病院(京都府)
神戸中央病院(兵庫県神戸市)
六甲アイランド病院(兵庫県神戸市)
伊丹私立病院(兵庫県伊丹市)
国立佐賀大学医学部付属病院(佐賀県佐賀市)

老人福祉施設

ベルサンテ(横浜市)
須磨シニアコミュニティー(神戸市)

医療家具

ベルサンテ(横浜市)
須磨シニアコミュニティー(神戸市)

※一部、シリーズ・物件により異なる場合があります。